セール イベント
   
ブックコレクション

【2016年度 下半期書評冊子の誤表記について】

店舗で配布中の2016年度 下半期書評冊子の中に、間違いがございましたので、お詫びして訂正させていただきます。

<訂正箇所>
 P9「タブーの正体!」と「『表現の自由』入門」の書評が入れ替わっております。


誠に申し訳ございませんでした。

  ブックコレクション 〜 教員 VS 学生【書評対決】〜

<教職員 × 学生 × 図書館 × 生協>コラボ企画
教員と学生団体が毎月それぞれ“おすすめの5冊”の書評を執筆&展示販売(豊中書籍ショップ・吹田工学書籍ショップにて)し、その売り上げによって勝敗を競う企画「ブックコレクション」☆
2017年4月〜2018年2月迄の期間中、毎月10冊の本をご紹介していく予定です。「おもしろい本を探しに」是非チェックしてみてください!
ちなみに、このページでは、書評に対するみなさんからのコメントも随時受付中〜♪気になった本・書評に、是非コメントしてみてくださいね。

▼ 下記にて書評をチェックできます ▼
阪大生協公式Webサイト(このページ)
阪大生協書籍ショップ
・豊中書籍ショップ,カルチエ
・吹田医学部書籍ショップ,吹田本部前ショップ
・箕面シャンティショップ
※すべての書評を掲載した書評冊子を無料配布中!
大阪大学附属図書館
・豊中キャンパス総合図書館
・吹田キャンパス理工学図書館,生命科学図書館
※すべての書評を掲載した書評冊子を無料配布中!
阪大生のための学習支援サイト☆Study-AID


▼ ver. 8-9・10月
▼ ver. 6・7月


★7月の「渥美 公秀先生」 VS 「大阪大学災害ボランティアサークル すずらん」の勝敗結果は こちら


  今月の書評対決は…
▼ 2017年8・9月の担当教員 ▼
菅原 裕輝先生


菅原 裕輝(すがわら ゆうき)先生プロフィール

大阪大学COデザインセンター特任助教(常勤)。
1987年秋田県生まれ。
専門は科学哲学,研究倫理,科学技術社会論。大阪大学では、「公共圏における科学技術・教育研究拠点」(STiPS)において教育研究を担当。
今回の書評は、「コミュニケーションデザイン」という観点から行った。

HP:http://researchmap.jp/yukisugawara/
VS
▼ 2017年8・9月の担当学生団体 ▼
副専攻プログラム 「公共圏における科学技術政策」


「科学技術と社会を架橋するのは誰か。」
こんなキャッチフレーズを掲げている、副専攻プログラム「公共圏における科学技術政策」(高度副プログラムもあります)の履修生チームです。
このプログラムは、COデザインセンターが提供しています。科学技術と社会の間で起こりうる様々な問題を多角的に理解できる人材、そして、学問分野の間、学問と社会の間を「つなぐ」人材を育成することを目指しています。
多様な専攻の院生が参加しています。学生間のディスカッションを重視した授業が多いのも特徴です。

HP:http://stips.jp
  バックナンバー&勝敗結果!
▼2017年度の結果はこちら 

▼2016年度の結果はこちら 
 
2016年度4月〜8月の書評冊子の印刷はこちらから(1.6kb)

▼2015年度の結果はこちら 
 
2015年度9月〜2月の書評冊子の印刷はこちらから(1.5kb)
2015年度4月〜8月の書評冊子の印刷はこちらから(1.4kb)

▼2014年度の結果はこちら
 
2014年度9月〜2月の書評冊子の印刷はこちらから(1.4kb)
2014年度4月〜8月の書評冊子の印刷はこちらから(1.4kb)
  お問い合わせ先
大阪大学生活協同組合 書籍部
TEL:06-6841-4949[豊2755]
E-mail: book osaka-univ.coop
サイトポリシー 大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)