つながる元気、ときめきキャンパス。大阪大学生活協同組合
ブックコレクション 〜 教員 VS 学生【書評対決】〜
2014年7月の書評対決は、木川田 一榮 先生が勝利しました!
初の教員勝利〜★ということで、先生方も巻き返しを図っていますよ!

木川田 一榮 先生のおすすめ本の中では、「京都の平熱」「怒りの葡萄」が、
待兼山文学会のおすすめ本の中では「動物化するポストモダン」が特に人気でした。

ますますヒートアップしてきた書評対決“ブックコレクション”
今後の対決からも目が離せません!!

  7月の書評対決
★WINNER★
▼ 2014年7月の担当教員 ▼
木川田 一榮 先生


木川田 一榮 (Kazue Kikawada)先生プロフィール

大阪大学 大学教育実践センター 元教授(キャリア教育支援部門長)。
定年退官後、大学院国際公共政策研究科 客員教授。

【担当科目】
・特殊講義「ソーシャル・イノベーションとデザイン思考」
・プロジェクト演習「リーダーシップ・デザイン」
・国際教養「世界は今: グローバル・リーダーシップを考える」

前世は、怪しげな知識経営革新のコンサルタントを生業としていたビジネスマン。
何の専門家と問われるたびに、ただただ赤面、畏入るばかり。「知・創・場・遊」の世界から辿りついたのは、金剛 (Vajra) 界ではなく、異界の「ハーレー道を極める」婆娑羅(Vasara)の姿。

奇人変人が棲息するという京都を終の棲家として、「世界に遊び・古典に学び・対話に観る」を信条に、徘徊老人と暴走老人の二つの顔を持つ。隠居名は、遊美亭 洛沈(あそびてぇ らくちん)。

VS
▼ 2014年7月の担当学生団体 ▼
「待兼山文学会」

「待兼山文学会」とは…



「待兼山文学会」Webサイトはこちら
「待兼山文学会」Twitterはこちら
大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)