つながる元気、ときめきキャンパス。大阪大学生活協同組合
ブックコレクション 〜 教員 VS 学生【書評対決】〜
2015年1月の書評対決は、大西先生が勝利しました!

グローバルな世界に飛び出していくための選書はやはり学生にとって魅力的だったのでしょうね!

大西 好宣 先生のおすすめ本の中では、「国際機関で見た「世界のエリート」の正体」が、
文芸部 et-ceteraのおすすめ本の中では「怖い俳句」が特に人気でした。

激しい攻防戦を繰り広げてきた書評対決“ブックコレクション”!
なんと次回で一区切りです。
最終対決もお見逃しなく!
  1月の書評対決は…
★WINNER★
▼ 2015年1月の担当教員 ▼
大西 好宣 先生
大西 好宣(おおにし よしのぶ)先生プロフィール

◆出身 軍師官兵衛のふるさと、兵庫県姫路市(今は観光大使をしています)

◆担当講義 「『決める』というスキル」

◆経歴 20代:NHKという極めて日本的な組織で、日々地味〜な仕事をしていました。

30代:NHKを辞めてアメリカに留学した後、国際協力の仕事に就き、日本と東南アジア8か国の間を何十回も行ったり来たりしていました。

40代:国際協力の仕事に、自分なりに区切りをつけようと国連職員に。初めて、「外交」の当事者となりました。タイの大学で博士号も。

50代:大阪大学インターナショナルカレッジ副カレッジ長・教授として、優秀な留学生獲得のための実務や研究に携わっています。学生のためのディベートサークル「やったるで阪大!」の顧問もしています。

◆趣味 郷土の祭り、怪獣、ラグビー、昔の漫画

◆メッセージ この企画では、これまで多くの教職員や学生の皆さんが、知識人としての教養を高めるための優れた書評を提供して下さっており、私自身も非常に刺激を受けています。私の書評では少し趣向を変え、全5冊を「グローバル人材養成ギプス」というひとつのまとまったパッケージとして提供します。どの本も、これからの高度職業人として身につけておくべき、知的な意味での基礎体力について考えさせられる内容です。
VS
▼ 2015年1月の担当学生団体 ▼
「文芸部et‐cetera」


大阪大学文芸部は、1995年に発足した「死せる詩人の会(Dead Poets Society)」を前身として1996年に結成された、阪大では数少ない文芸集団です。その活動は詩や小説・俳句・短歌など、ジャンルにとらわれないものをめざしています。部員は文系理系を問わず、各方面から集まっています。

◆活動日程:木曜日 14:30〜
◆活動場所:全学部共通棟 B等3階ソファー
◆部室:学生交流棟(食堂宙) 3階共用室4
◆公式HPは こちら
大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)