つながる元気、ときめきキャンパス。大阪大学生活協同組合
ブックコレクション 〜 教員 VS 学生【書評対決】〜
2016年6月の書評対決は、松永 和浩先生が勝利しました!

松永 和浩 先生のおすすめ本の中では、『やってみなはれみとくんなはれ』が、
大阪大学日本酒サークルのおすすめ本の中では『うまい日本酒はどこにある?』が特に人気でした。

今回1歩リードしたのは教師陣!
次回、学生陣は巻き返せるか!?それとも教師陣が逃げ切るか!
次回もお楽しみに!
  6月の書評対決は…
★WINNER★
▼ 2016年6月の担当教員 ▼
松永 和浩先生


松永 和浩(まつなが かずひろ)先生プロフィール
 
大阪大学適塾記念センター大阪学研究部門准教授

1978年、熊本県生まれ。2008年、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(文学)。

大阪大学総合学術博物館助教、同特任講師を経て2015年より現職。
専門は日本中世史、酒史学、大阪学。

著書に大阪大学総合学術博物館叢書8『ものづくり 上方“酒”ばなし―先駆・革新の系譜と大阪高等工業学校醸造科―』(大阪大学出版会、2012年)、『室町期公武関係と南北朝内乱』(吉川弘文館、2013年)がある。

NHK連続テレビ小説「マッサン」では洋酒関係資料提供を務める。

VS
▼ 2016年6月の担当学生団体 ▼
『大阪大学日本酒サークル』


2012年4月設立。若者へおいしい日本酒に触れる機会を、との理念から活動を始めて早4年。
日本酒発信イベントの企画、日本酒持ち寄り会・勉強会の開催、酒蔵訪問ツアー、日本酒関連イベントの参加など、多彩な活動を展開しつづけている。

2015年には、北庄司酒造店とのコラボ日本酒"hajime"の発売を開始。今後の活躍も期待される非公認サークル。
大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)