つながる元気、ときめきキャンパス。大阪大学生活協同組合
ブックコレクション 〜 教員 VS 学生【書評対決】〜
2017年6月の書評対決は、松波 晴人先生が勝利しました!

6月は今年度初の教員の勝利で終わりました。
全体では、松波 晴人先生おすすめ本の『シャーロック・ホームズの思考術』,『マネー・ボール〔完全版〕』が人気でした。
Foresight Schoolおすすめ本の『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』,『LIFE SHIFT』,
『先が見えない時代の「10年後の自分」を考える技術』も健闘していました。
ぜひ次回もお楽しみに!
  6月の書評対決は…
★WINNER★
▼ 2017年6月の担当教員 ▼
松波 晴人先生


松波 晴人(まつなみ はるひと)先生プロフィール

大阪大学EDGEプログラム Foresight School 講師/大阪ガス行動観察研究所所長

1966年大阪生まれ。
神戸大学大学院工学研究科修士課程修了後、92年に大阪ガス株式会社入社。米国・コーネル大学大学院にて修士号(Master of Science)取得ののち、和歌山大学にて博士号(工学)を取得。2005年、行動観察ビジネスを開始。2009年に大阪ガス行動観察研究所を設立。
著書に『ビジネスマンのための「行動観察」入門』(講談社)、『行動観察」の基本』(ダイヤモンド社)、寄稿に『ハーバードビジネスレビュー「行動観察×ビッグデータ」特集』がある。
登場したメディア:
週刊ダイヤモンド、日経ビジネス、日経ものづくり、日経情報ストラテジー、プレジデント、ITpro、NHK総合テレビ「行動ウオッチャーズ」、「ガイアの夜明け」、各社新聞、など
VS
▼ 2017年6月の担当学生団体 ▼
『Foresight School(フォーサイトスクール)』


Foresight Schoolは2016年度に大阪大学EDGEプログラムで開催された講座です。
講師は松波晴人氏(大阪ガス行動観察研究所長)です。
受講生は行動観察に基づくイノベーション創出の方法を学び、レストランでの混雑緩和や新しいコンセプトの消しゴム開発に取り組みました。
また、EDGE INNOVATION CHALLENGE COMPETITION 2017ではGold Award(優勝に相当)を受賞しました。
Foresight Schoolの概要は以下の通りです。

・「モノ、サービス、社会」において、新しい価値を創造するための「スキル/知識/マインドセット」を学ぶ
・新価値創造のためのプロセスは、下記の行動観察の方法論に基づく
【1】finding(気づきを得る)→【2】insight(洞察を得る)→【3】foresight(展望を生む)→【4】action(実行する)
・受講者はコース全体をとおして「組織における新価値創造の担当者」としての役割を担い、「実践(まずは行動)→学習(行動の結果と理論から学ぶ)→実践(学びを得た上で行動する)」のプロセスを通じて、ビジネスにおいて実際に成果を生む能力を身につける

・イノベーション創出のために、以下の内容を身につける
1)スキル: 気づき力、洞察力、創造力、実行力
2)知識: 人間・世の中の動向についての深い理解(心理学など)
3)マインドセット: 自己効力感、チャレンジ精神、他己実現
大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)