つながる元気、ときめきキャンパス。大阪大学生活協同組合
生協をご利用の組合員の皆様へ

「生協専用ICプリペイドカード」ご利用時のポイント付与率変更のお知らせ

 平素より大阪大学生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 また、多くの組合員の皆様に生協専用ICプリペイドカードをご利用いただいておりますことに感謝申し上げます。

 この度、当生協では生協専用ICプリペイドカードご利用時のポイント付与率を以下のように引き下げる事を理事会で決定致しました

◆現在のポイント付与率
ご利用品目 食堂利用 食堂内焼き立てパン
ポイント付与率 3%
2%
◆変更後のポイント付与率
ご利用品目 食堂利用 食堂内焼き立てパン
ポイント付与率 1%
1%

※利用額に応じて1%のポイントが付与されます。
※上記の利用品目以外のポイントにつきましては、これまでと変更はございません。詳細は こちらをご覧ください。

≪ポイント率の引き下げ日・・・・2015年1月1日から≫

 当生協では、2013年度から生協組合員証をICカードに切り替え、本格的にキャシュレス導入を進めてまいりました。
この年からは、新入生全員の方にICカードのプリペイド機能をご利用いただける環境が整い、2014年度の夏には17,000人の組合員の皆様にICカードを持っていただけるようになりました。当生協としましては、ICカードを普及し積極的にご利用いただけるよう、導入当初から食堂利用にて最大3ポイントの高い設定をしてまいりました。
 このような中、ICプリペイド機能をご利用される方は増加し、2013年度のポイント還元金額は年間810万円でしたが、2014年度は上半期だけで550万円に達し、この見通しでは2014年度年間で1,200万円を超す勢いとなってまいりました。
お蔭さまでICプリペイドでのご利用は当初の見込みを大きく超えて普及してまいりましたが、逆にここまで早い普及と利用予測を読み違えた結果、このままでは最大3ポイントの還元が生協の経営を大きく圧迫する要因ともなってまいりました。


 当生協は、2013年度豊中福利会館への改修投資などもあり、1億2,600万円もの単年度赤字を計上しております。また、2014年度の損益見通しも6,000万円程度の赤字を見込んでおり、ICプリペイド利用によるポイント還元をこれ以上増やすことはできない経営状況にあります。皆様には大変申し訳ございませんが、上記の通り、ポイント付与率を引き下げさせていただきたいと思います。
 皆様にご理解をお願いしますとともに、引き続き当生協をご利用・ご愛顧いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

2014年11月1日

大阪大学生活協同組合
大阪大学生活協同組合 TEL:06-6841-3326(代)